;

BLOG

休日は。

日曜日午前は建築士会青年委員として「親子工作教室」のお手伝い。
16組の親子が参加されました。課題の中から選択した鉛筆立てなどの小物を作ります。
僕たちはそのサポート。
楽しかった、また作りたいという子供たちの声を聞けたのがよかった(^_^)。
夕方からはリノベスクールでもお世話になった、大阪市立大学・倉方先生の「建築トークライブ」に参加。
人の建築への関わり方、 つくる・つかう・かたる のキーワード。
先生が行った「子供建築鑑賞ツアー」子供に街・建築の面白さを伝えるお話。
このツアーを通して周りの大人たちも建築を通して町のことを考えたり、建築のファンになったりと子供だけでなくいろいろと良い影響を与えるようです。
自分の中で、先生の話は午前の建築士会の事業や、昨年個人的に参加した「みんなの学校・働くキッズ職業体験」のイベントに何か自然とつながる、子供・大人に建築をかたること、また新たな使い方をみつけることは僕(地域の設計屋)の仕事だと改めて思った。
リノベだけでなく新築も同じ。知識を持ってどれだけ良い提案ができるかが問われている。
▼一枚目は工作教室、二枚目はトークライブ