BLOG

気配り

紀伊の家は基礎も打ち終わり、上棟の準備に入っています。
今回も地元木材(紀州材)を使用していきますが、
うちの現場での仕事として、木配り(気配り)という大切な作業があります。
木材加工の施工図を元に、私、現場監督、大工さんで継ぎ手の位置等の確認を入念に行い、
材木屋さんや大工さんの加工場で木材を並べ、どこにどういう方向で
空間に綺麗なところを見せるかを一つ一つ決めていくのです。
コンクリート打設の立会いはもちろんですが、特に木材を現しで
使用する場合は重要な仕事となります。
木材は自然のものなので、節や模様などそれぞれ個性も現れ、
それを見ていくのも楽しいものですよ。