;

BLOG

20230122 「Lib in House」図書室のある家

今回は田辺市で設計させていただいた、
「Lib in House」図書室のある家をご紹介します。

写真は、オープンハウス当日の朝です。

クライアントとは、木の勉強会で知り合いました。
田辺市の紀州材を山から扱う会社にお勤めで、二人とも木が好きなこともあり
意気投合して住まいづくりをさせていただくことになりました。
設計の依頼をいただくまでも、いくつかのオープンハウスに来ていただいたりと
私の設計する住まいに理解をいただいていたからだと思いますが、
住まいへの要望は、中庭がありる事と図書室がある事、この二つだけ。

図書室では家族がそれぞれ本を読んで過ごしたり、
子供が友達と宿題をしたりと公共性もあるようにしたいという考えで、
半分、地域に開かれた図書室といった位置づけで設計を進めました。
地域に開かれた図書室は、人が入りやすい玄関に近いところに位置させ、
中庭はプライベート性のある家族が過ごす部屋に面して配置しました。

図書室の室内は壁一面の書棚があり、人は机に向いたり窓枠に腰掛けたりと
好きな場所で過ごせるようになっています。
図書室には大きめの窓があり、人が集う様子が外にぼんやりと映るようになっていて、
この住まいと地域の関係が広がるようにと考えました。

今回の住まいは、図書室という個性のある部屋を持ったものでしたが、
どちらの住まいの設計も同じく、SiMsの特徴として
先ずヒアリングをしっかり行うこと。
住まいの設計に関わらず全ての建築に同じくです。

うちではこれを重要としています。

このブログまで来てくれて有難うございます。
ということで、次回は設計事務所(SiMs)の設計の進め方のお話を。

#そよ風
#空気集熱式ソーラー空調システム
#和歌山建築家とつくる家
#紀州材の家
#山長商店
#現場は生き物

------------------
#シンプルで
#温かみのある
#地元の木で建てる
#紀州材の家

#シンプルな住まい
#和歌山建築家 #和歌山木の家
#暮らしやすい家 #豊かな空間
#パッシブデザイン
#住まいに緑を
------------------
@sims.architectural.studio
-SIMS建築設計-